怒り新党からかりそめ天国に変更になって思う事

最近、松子有吉の怒り新党がやらないなと思っていたらいつのまにか「かりそめ天国」と言う名前で再スタートしていました。出演する人は変わらずマツコと有吉なのですが昔のように毒を吐いておもしろいという感覚ではなく、二人がおしゃべりをしてその中からおもしろい話をひきだすというような感覚の番組にシフトチェンジしていました。昔から怒り新党を見ていたわたしの意見ですが、とてもつまらなくなってしまったなと感じました。あの二人が文句や悪ぐちをおもしろく話してくれていたから、日頃まわりに感じるストレスなどが発散されていたのですがかりそめ天国になってからその感覚が失われてしまったなと思います。たしかにずっと同じことをして視聴率をとることは難しいですし、視聴率がとれないとテレビの意味はないかもしれないけれど新しいことをすることは失敗もつきものだなと感じました。怒り新党に戻る事はないかもしれないけれど、またいつか怒り新党のように毒をおもしろく話してくれるような番組ができればいいなと思います。当分はかりそめ天国で我慢して、マツコと有吉の会話を楽しもうとおもいます。