パチスロという遊戯に関することとしては実は

パチンコやスロットというのは実に国民的な遊びとして親しまれてきたわけですがすでにかなり遊技人口自体は減っていると言えます。昔はそれこそ2000万人と言う遊技人口であったといわれているのですが今では800万人いるかいないかと言われています。20兆円産業と言われていてそれこそ自動車産業を超えるくらいの勢いがあったのですが今では2兆円くらいの産業であるとされているのです。その理由としてあるのが間違いなく規制が強化されてきたということでしょう。射幸心を煽るような設定というのが作れなくなってしまったのでなかなか難しいことになっています。特に強く言えるのは設定を入れたということをアピールしてはいけないということです。要するに今日はよく出る日だよということをアピールをすることが店としてできなくなりました。イベントをするというのはできないのでなかなか客寄せというのは強くできなくなってしまった側面があります。その後パチスロライターや演者という形で芸能人的なアピールをしてたりするのですがそれも難しくなってきているので今後はますます落ち込む可能性が大きくなってるのがパチスロ業界であるというんでしょう。http://www.sandlerltd.co/kireimo-waki.html

「イ」と「ン」の続く語は口に出して発音しにくい?

パソコンで「雰囲気」と入力しようとしても、「府インキ」などの変な言葉にしか変換できなくて、困ったことが何度もありました。
他にも「原因」とか「全員」とかもなかなか出てこなくて、「普段の会話でもよく使う語が登録されていない訳ないのに」と不思議でなりませんでした。
そこで自分の入力の仕方が間違っているんじゃないかと思って、ネットで検索してみたところ、やはり読み方が間違っていたことが分かりました。それまでずっと「フインキ」だとばかり思っていた「雰囲気」は「フンイキ」、「ゼイイン」だと思っていたのは実は「ゼンイン」、「ゲイイン」と入力していた言葉は「ゲンイン」だったという訳です。
それにしても、何の疑問も持たずにずっと間違った読み方をしていたことが今になってやっとわかり、何とも恥ずかしい気持ちになってしまいました。こういうと言い訳がましいように聞こえるかもしれませんが、普段会話をしていても読み方の誤りを指摘されたことはなかったし、周囲も自分と同じような読み方をしている人ばかり(少なくとも自分ではそう思っている)なので、少しも疑うことはなかったのです。
思うにこれらの語は皆「イ」と「ン」の続く語ばかりです。会話では「イ」と「ン」が重なると発音しにくいため、本来の読みをは違う発音の仕方が広まってしまったのではないかという気がします。脱毛 9500円