収入以上に物欲が抑えられない、後先考えられない人なのかな?

節約貯金の本を読んでいると、よく出てくる人物像の中にクレジットカードで生活品を購入し、足りなくなったらキャッシングをしたりボーナスを当てにしている人がいるとあります。
私は本当にそんな人はいるのかな?と思う程、お金がないと嘆いている人とは無縁な生活をしています。
私自身もお金が無くて困る事は思い返してみてもありません。
全く裕福ではないのですが、基本的に物欲が無いのだと思います。高価なアクセサリーも職業柄出来ないので興味ありません。
鞄も仕事の時は制服のまま出るので、ブランド物では合いません。
車の会社が支給してくれているし、家もそこそこの広さがあれば十分と考えています。自身を磨く事はしたいですが、結局仕事では髪を不潔にならない様にくくり、ネイルなんてもってのほかです。
そう考えると私の生活の中で、贅沢品を購入する機会がほぼ無いのです。
元々物欲が無い故に今の職業を選んだのか、今の仕事のせいでこんな感じなったのかは分かりません。それでも、そこそこ仕事の給料や需要、社会的地位にも満足しているので、小綺麗な女性からは縁遠いですが、満足しています。
年に数回、会社の飲み会で綺麗なワンピースにピンヒール、化粧をして綺麗なカバンを持って出かけるのはやっぱり満足感があります。
毎日となると大変だなとは思います。

もうすぐ12月。1年で一番嫌な時期がやってくる

12月になると、嫌でも意識してしまうのが大掃除です。
掃除グッズなどが溢れている現代でも、大掃除は手間の掛かるものですか、気持ちよく新年を迎えるためには大掃除をしないという選択肢は選べません。
お風呂掃除からキッチンまで、主婦がひとりで行うとすれば時間がいくらあっても足りません。
昔のように家族総出で大晦日に大掃除なんて家庭は減っていると思うので、必然的に主婦がひとりで大掃除をする羽目になってしまうなんて家庭も多そうです。
計画的に大掃除をと言われても、面倒で後回しにしてしまいたくなるのも事実。
そうなると、年末が近づいてきて焦ってくるもの。
まるで小学生の夏休みの宿題みたいなものだと思います。
嫌な時期ではありますが、今では100円ショップで簡単にセスキソーダなど便利な掃除グッズが手に入るので便利になりました。
面倒な作業の1つですが、気持ちのよい新年を迎えるためにも頑張って掃除をしていこうと思います。